フューエルゲージ スタビライザー O/H


リプロダクション品を純正品と同じ容量のダイオードと電球仕様に変更しています。

作業をする際
火傷に注意して、冷却しながら行ってください!!

こちらで責任は持てません。あくまでも自己責任でお願いします。

純正後期型及び、後期型形状のリプロ品にのみ適合します。

今回、改造ベースとなる、
リプロ品です。

金属部分を固定している、
4箇所のプラスチックの爪を
折らないように外します。

分解をすると電球では無く、
抵抗?が見えます。
ハンダを溶かして抵抗?を外します。

ケースがプラスチックですので、
触れないように気をつけ、
短時間で終了させます。
外れました!

余分なハンダは、吸い取り線等で、
除去しておきます。
今度はダイオードを外します。

純正品と異なるダイオードが
2本並列で取り付けられていました。

ココの取り付けは
ハンダでは無い様なので、
ニッパー等でカットします。
奥側も同様に。
新しいダイオードを
大まかですが、形状に合わせて曲げていきます。
外部に出る線を基準に
更に形状を整えます。

本来、凹みポケット部分に
ダイオードが収まるのですが、
ダイオードの足が短く、
電球との干渉も大丈夫な様でしたので、
そのまま取り付けます。

(気になる方はダイオードの足を延長してください。)

先にケース奥の部分をハンダ付けします。

メーターと接続するターミナルですが、
コノ部分を固定するリベットが甘く、
接触不良を起こす場合があります。
「ついで」にハンダを流しておきました。

ハンダが溶ける熱に達するまで
時間が掛かりますので、
フラクスを使い塗っておくと
短時間で浸透します。
電球が付く部分が緩かった為、
曲げ角度を調整します。
最初に外した金属部分を仮組みして、
ハンダ付けをします。

この時、ダイオードの足がクリアーする様に
凹みがあるケース部分に合わせます。
最後に電球を装着します。

ダイオードが干渉していないかチェックし、
必要なら調整します。
爪、4箇所が噛む様に固定すれば完成です!

収まりが悪い様なら、
熱によりケース側が変形している場合がありますので、
ヤスリ等で当たり面を修正しておきます。
最後に導通不良が無いか、
テスターでチェックをします。

スピードメーターとネジで固定するステー部分を
プラス側にみて、
入力、または出力端子に導通がある場合はOKです。

その逆に端子側から、ステー側へ導通が
ある場合はダイオードの向きが逆です。




参考に。

純正品を分解した図です。

さすがに作りが良いです(笑)
使える社外品です。

電球、ダイオード共に純正と同じ規格です。

メーターとの接続面に付く
ターミナルのリベットが緩い場合があり、
接触不良を起こす場合がありますので、
コノ部分だけ注意してください。



純正中期モデル

(K様、画像のご協力感謝です。)

残念ですが、このタイプには適合しません。

やれなくもありませんが・・・
何とか成りそうですね・・・。